MDRTとは

MDRTとは

1927年に発足したMillion Dollar Round Table (MDRT)は、卓越した生命保険・金融プロフェッショナルの組織です。世界中の生命保険と金融サービス専門家72,000名以上が所属する独立したグローバルな組織として、500社、70カ国で会員が活躍しています。会員は専門家として豊富な知識を有し、厳しい倫理規定を遵守し、卓越した顧客サービスを提供しています。MDRT会員は国際的に生命保険と金融サービス事業の優績者であると評価されています。(2019年8月現在)

主催団体「MDRT日本会」とは

生命保険業界の「レジェンド(伝説的人物)」であり、「生命保険セールスの神様」と云われた故・原一平元会長によりMDRT日本会は1970年に発足しました。
2019年6月現在当会に登録している会員は、6,308名で全世界に於けるMDRT会員の1割近くを占有し、アジア地域でのロール・モデルとなっています。また、MDRT日本会は、所属する会員が、生命保険と金融サービスの専門家としての水準及び社会的信用を高めるために、相互研鑽に励み、インスピレーションを得てモチベーションを高める事業を支援しています。
さらに、国内の業界団体、組織等と協力し、社会奉仕に関わる事業にも積極的に関与出来るようサポートしています。会員は、「MDRT倫理綱領」を遵守し、「ホール・パーソン・コンセプト」に基づいた人格形成を志向し、顧客により正確な知識・情報を伝達し、解決策として最善のプランを提供し続けています。
現在では19の生命保険会社と代理店によって組織される20の分会がMDRTの理念を汲み、独自の活動を展開しています。
他方、地域に密着した活動を展開する為に、全国を14の地域に分割し、それを「ブロック」と称して、研修会やボランティア活動を展開し、地域社会のリーダーとして活躍しています。
尚、1年間の集大成として、毎年4月に日本各地で「MDRT日本会大会」を開催しており、フィランソロピーで啓蒙を図り、セールス・アイディア及びセールス・スキルの向上を目指し、会員に最大限のベネフィットが提供出来る様支援しています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

一般社団法人 MDRT日本会 公式サイト


ご挨拶

会長 井野周平

一般社団法人MDRT日本会は、このたび日本を代表する港町、ここ神戸で「一般社団法人 MDRT日本会50周年記念 第1回神戸チャリティー・リレーマラソン」を開催いたします。多くのランナーを迎え、盛大に開催できますことを心より感謝しますとともに、歓迎申し上げます。

さて、このチャリティー・マラソンは、ユニバー記念競技場にて4時間リレーマラソン(1チーム2~10名での参加)と親子ペアラン1.5キロを企画しております。
この大会はご参加される皆様の走った距離、1キロにつき100円を「一般財団法人あしなが育英会」「チャイルド・ケモ・ハウス」「社会福祉法人 日本介助犬協会」に寄付をさせて頂きます。まさしく皆様の頑張りが「社会貢献」の一助となります。
この大会を通して、是非、皆様のチャリティーを始めるきっかけとなればと思います。

結びに、本大会の開催にあたり、会場を提供してくださった神戸市をはじめ、ご支援、ご協力いただきました関係の皆様に対しまして、心より厚く御礼申し上げます。

2019年度一般社団法人MDRT日本会
会長 井野 周平

主催

チャリティー先団体

PAGETOP
MENU